FC2ブログ
RSS

2016 琴引マウンテンエンデューロ 島根県琴引フォレストパークスキー場20161009

IMG_2021.jpg

⇒画像ギャラリーへ(Googleフォトアルバム)

10月9日島根県の琴引フォレストパークスキー場で開催されましたハード系エンデューロ、
【琴引マウンテンエンデューロ】にBRAINSサポートライダーの柳原博一選手
(ダートバイクZIM・ブレイズマウンテン所属)が参戦致しました。
琴引マウンテンエンデューロは、島根県飯南町にある「フォレストパークスキー場」のゲレンデ等に特設された
一周約15㎞のクローズドコースで開催される200分耐久レースで、コースはゲレンデ周辺の自然地形を取り込んだ
ヒルクライムや沢登り等の多彩なセクションを設定したテクニカルなエンデューロレースです。
参戦した柳原選手からレースレポート及び画像が届きましたので紹介させて頂きます。

《柳原選手コメント》
3年ぶりにハード系の琴引マウンテンエンデューロに参戦してきました。
コースはスキー場のゲレンデとその周辺の森の中を使った1周15キロ位の西日本屈指のマウンテンコースで、
スキー場の斜面を利用しているのでアップダウンが非常に多くなかなかの難コースでもあります。
レース前夜に大雨が降りまして,難コースに拍車がかかり全面マディの様相でレースはスタート。
その直後からゲレンデの上りでスタックする車両が続出する中、
縦横無尽に出来た轍を切りながらスキー場を駆け上がりました。ウッズでは渋滞していましたが、
序盤はよいラインを見切るために無理はせず前日の裏琴引を走ったライダーの後ろについてラインを盗み
8位前後でレースは進行、徐々にペースアップを上げることが出来、ポジションアップを果たせました。
レースが終わってみれば3位表彰台という結果でとても嬉しかったです。
今回からマシンを2スト150ccのKTM150SXに替えまして、それに伴いエンジンオイルはBRAINS B2C、
ミッションオイルはBRAINS RT50を使用しました。B2Cはレスポンスがよくモトクロッサーのエンジンパワーを
しっかり路面に伝えてくれ、最後までとても気持ちよく走れました。
ミッションオイルに使用しましたRT50はクラッチの切れもよく、ギヤが入ったままの状態での再始動も
ほぼロスなくエンジンがかかり、体力的にも助けられました。
次戦は全日本エンデューロ選手権(JEC) SUGOを予定しています。
このマシンとオイルでグイグイ駆け上がっていきたいと思います!

と、オイルのインプレッションとともに次戦への強い思いを頂きました!

今後もBRAINSサポートライダーへの皆様の応援、宜しくお願い致します!!
■柳原博一選手出走マシン: KTM150SX 使用オイル等:BRAINS B2C(E/G)
  BRAINS RT(Gear)及びBRAINS SF(サスペンションフルード) 冷却液:BRAINS PGLLC
 泥密着防止剤:BRAINS MICRO COAT

スポンサーサイト